家賃保証会社の契約料金の相場は?

3月 23, 2020

借家の賃貸契約を結ぶ場合、最近は家賃保証会社への契約と共に、契約料金を支払うケースが増えています。ではこの家賃保証会社へ支払う契約料金の平均相場はいくらぐらいなのでしょうか?家賃保証会社の契約料金について調べてみました。家賃保証会社の契約料金は一般に入居者が支払います。保証委託料という名目で、初回の契約時や契約更新時に支払います。そもそも家賃保証会社が入るのは、入居者が家賃を滞納して回収できなくなった場合のリスク回避で、入居者に代わって家賃保証会社が家賃の支払いをします。基本的には連帯保証人を付けられないケースで入っていましたが、今では連帯保証人と家賃保証会社の両方が必要となる物件が増えています。さて入居者が支払う契約料金、即ち保証委託料は家賃保証会社で特別大きな開きはありません。初回契約時の保証委託料は家賃の30%~80%の範囲に分布しています。その平均相場は50%となっていますが、最低料金として10,000円から20,000円を設定している家賃保証会社が多いです。また更新時の保証委託料は家賃の0.3ヶ月分、最低料金10,000円というケースが多くみられます。 賃貸保証(家賃保証)とは – フォーシーズ株式会社

0